施工事例:

梅若塚 お堂

液体ガラスコーティング工事

(令和元年)


工事場所:

埼玉県春日部市新潟袋


工事期間:

令和元年5月10日~6月3日



 梅若塚は、春日部市の史跡に指定されている由緒あるお堂です。

 満蔵寺にあります。満蔵寺はお葉付きイチョウというめづらしい銀杏の木があるお寺です。

 梅若塚には、1000年以上前の梅若伝説があります。お堂は戦前、80年以上前につくられたもので、ご本尊さまは100年以上前のものと聞いています。

 事前に、清掃をさせていただき、現地の写真を撮影させていただきました。



 5月12日に工事のため、梅若塚の祓い清めを満蔵寺の住職にしていただき、ご本尊さまをお寺に移動していただきました。

 翌日から、数日、清掃と研磨と灰汁だし等の作業をさせていただきました。その後、乾燥した後、念入りに研磨し、ファイアーカットを3度、全体に塗付しました。

 木がとても古く、劣化していたので、塗装する度に丁寧に研磨しました。

 



 ファイアーカットを塗布後、数日乾燥させ、木あじを3度塗装しました。

 木がとても古く、劣化していたので、塗装する度に丁寧に研磨しました。

 木あじの塗装後、数日乾燥させ、テリオスウッドを塗りました。

 塗装前にも、念入りに研磨してから、テリオスウッドで仕上げました。

 古いお堂だったので、時間もかなり掛かりましたが、お堂もきれいな状態になり、住職やお寺の関係者の方からとても感謝されました。