木材という素材

 木は昔から、建築物や建造物、さまざまな身近な生活用品に使われてきました。この昔から使われてきた馴染みのある素材は、多くの人に、触り心地の良さや温かみ、温もりといったものを感じさせ、人々は、木の自然の風合いに惹かれ、安堵や安らぎを感じます。

 しかし、現在、木は他の素材に比べて弱い、あまり長く持たないというイメージがあります。そのため、木造住宅は30年前後で壊され、屋外のウッドデッキや木製品は僅か数年で廃棄されることもあります。木に替わる素材として、鉄筋コンクリートやプラスチックなどが多く利用されています。

 ですが、木は本来、長く使える素材です。木造建築物では、1000年以上昔の建物が今なお存在しています。木材は、適正な管理、修復をすることで、他の素材をはるかに超える耐久力をもつ素材なのです。