木材を生かす

『液体ガラスコーティング』


 『液体ガラスコーティング』の木材改質技術で、美しい木目で温もりを感じさせる、木の見た目の美しさを損なわずに、空気の出入りによる調湿効果(木の呼吸)や温かみ、保湿性、香り、マイナスイオン効果といった、木の植物としての特性を保ちながら、多くの木の弱点を克服して木を長く安心して使い続けられる素材へと保護、改質、強化します。

 

『液体ガラスコーティング』が木材に新たな命を吹き込み、木材の新たな需要を生み出します。

木の酸化を抑制し、劣化を遅らせるこの技術で、インドア、アウトドアの木製品や木造建築物の保護、改質、補強することで、木は、身近で安心、安全、長持ちする素材へと変わります。



POINT1

木に永遠力を与える!

「腐る」「燃える」「とげ・ささくれ(形骸化)」「シロアリの食害」「変色」「日焼け」など……の木の弱点は克服できます。



POINT2

木は蘇る!

「汚れ」「染み」「黒ずみ」「カビ」「色褪せ」「変色」「日焼け」    

など……の状態から、ハッキリと木目の分かる美しい状態に、蘇らせることができます。



POINT3

木の美しさや風合いを長く保つ!

「色褪せ」「変色」「日焼け」から木を守り、木の美しい表情を長く保つことができます。



POINT4

環境に優しい、安全、安心な素材です!

鉱物である無機質のガラスを原料にした『液体ガラス』は水溶性の無害な素材です。