液体ガラスコーティング処理技術とは

 通常の塗装は、木材の表面に塗膜をつくり、外界と遮断します。そのため、通気性のない塗膜と木材の表面では、温度差により結露が生じます。温度差が大きくなると、水分が気化します。水分が気化する際に水の体積は6000倍になるため、塗膜は膨れ、剥離が生じます。

 液体ガラスコーティングでは、コロイド上の液体ガラスが木材の細胞壁に浸透し、微粒子のガラス不連続膜を形成させ、木材の呼吸や柔軟性を損なうことなく、水の侵入を阻止します。木材の通気性は、確保されたまま、気化された水分の出入りができるため結露は生じず、木材が乾燥し形骸化することもありません。

 木材は、強制乾燥させると、木の中の油脂と結合水が抜けて形骸化してしまいますが、自然乾燥させると、水分だけが抜けて、傷まず、長持ちします。液体ガラスによる木材改質技術では、木材の油脂と結合水を失わせずに水分を液体ガラスに置換します。