現在の木造住宅

 現在、多くの木造住宅は、断熱性や気密性が高くなり、強制乾燥された外材を使い、高性能で低価格を実現しています。

 しかし、高温多湿の日本の気候風土で、断熱性や気密性のみを考えた施工では、壁内にある木材は、外界と室内との温度差に常にさらされるため、結露が常に発生し、壁内に閉じ込められた水分で、常に湿気を帯びた状態に置かれ腐食、劣化を早めていることも多く見かけられます。

 また、外材は、国産材と違い、日本と環境のちがう場所で育った木なので、日本の高温多湿の気候に適合できず、調湿効果がきちんと得られるか不安が残ります。また、強制乾燥された木材は、木に必要な油脂と結合水が抜け、形骸化しているので、耐久性や強度に不安が残ります。

 木造建築の寿命を長くするために、日本の環境に合った木を使い、木のことを考えた施工、修繕をすることで木造住宅の耐久性は大幅にあがり何世代にもわたり長く住み続けられます。