『液体ガラスコーティング』で木材の弱点を克服し、  

木材に新たな命を吹き込む

<木材の弱点>

「曲がる」「反る」「割れる」

「腐る」「燃える」

「形骸化する」

「とげ・ささくれる」

「シロアリの食害」「カビる」

「汚れがつく」「しみ」

「色褪せる」「変色する」

「日焼けする」など……

<木材の長所>

呼吸する(調湿効果)」

「柔軟性がある」

「加工しやすい」

「温かみがある」

「木目が美しい」

「いい香りがする」

「マイナスイオン効果がある」

「安らぎを感じる」など…… 

『液体ガラスコーティング』することで

 無機質のガラス通気性は損なわず、水の侵入を阻止し、湿気を防ぐ。そのため、結露が発生せず、木材が湿気を帯びないため、腐朽菌やカビ、シロアリから木材は守られ、木材に外部から水分が侵入しないため、塩害や凍害、錆びをも防ぎます。

 また、木材は、油脂と結合水が失われずに、液体ガラスコーティング後も自然乾燥していくため、形骸化せず、曲がりや反り、割れなども生じないため、とげやササクレもできず、長持ちします。

 鉱物であるガラスは、木材の表面強度を大幅に増し、木材を燃えにくくし、木材の汚れやキズが付きにくくなります。さらに、酸化しにくい塗材のため、紫外線や可視光線による木材の色褪せや変色、日焼けを遅らせる効果があります。

『液体ガラスコーティングは、木材の長所を損なわずに、多くの木材の弱点を克服し、木材を保護、改質、強化する技術です。そのため、木材の良さを長期にわたり維持します。

<木材の保護.改質.強化>

「曲がらない」「反らない」「割れない」

「結露しない」「腐朽菌が繁殖しない」

「燃えない」「劣化を防ぎ長寿命化する」

「シロアリに食害されない」

「カビない」「染みない」

「汚れ、キズが付きにくい」「汚れが落ちやすい」

「酸化を抑え変色しにくい」

「紫外線による日焼け、黒ずみが抑制される」

「可視光線による劣化が抑制される」

「木材の美しを長く保つ」「木の香りがする」

「木材の強度が増す」「木材の耐久性が増す」

「劣化した木材を蘇らせる」など……



『液体ガラス』の用途は多岐にわたり

塗るだけ様々な効果を発揮します

神社や仏閣などの木造建築物の補修、再生などに広く使われてきています。

ウッドデッキなどの屋外の木製品は、僅か数年で劣化し、劣化すると「とげ、ささくれ」が目立ち、素足では危険な状態になります。

液体ガラスをコーティングすることで劣化を抑制し、屋外の木製品も、安心、安全に長く使えるものになります。